recommend
鳥を見る―野口里佳作品集

あなたのために―いのちを支えるスープ

使うローライ




selected entries
categories
archives
recent comments
recent trackback
links
profile
others
日々の暮らしと写真
<< 産まれました!  トップ  久しぶりの自宅にて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM:0TB:0
お産日記
 新年早々、出産の日記です。
といっても、もうあれから1ヶ月。
こういうのは忘れないうちに記しておかなければ。
注:かなりの長文です。

12月18日、おしるし。
予定よりだいぶ早い為まだまだ先のことと思っていたが、その日の夜中陣痛らしきものが。
10分間隔になったので病院へ行った。
ベッドに横になり陣痛が強くなるのを待つ。
しかし何時間経過しても強くならず、あろうことかどんどん遠退いていく始末。

12月19日、そのまま朝になり、子宮口も2.5cmしか開いてないということで一時帰宅することに。
夫も到着し、その後は外でお昼を食べたりとかなり余裕で
ただの前駆陣痛?とも思った。
しかし夜になり、また陣痛らしきものが。そこからが長かった。
痛みはくるのだけどイマイチ間隔がバラバラで、どんなに待っても5分になることはない。
初めは時間を計ってくれてた夫もそのうち寝てしまい、
私はその微妙な陣痛と共にまた朝を迎えた。
結局丸2日、まともに寝れず。

12月20日。
昼間も同じで、痛みはくるのだけどまだ間隔が短くならない。
歩いた方がいいと思い、1時間くらいゆっくり散歩もしたがそれでも変わらず。
いい加減、このわけのわからない陣痛に嫌気がさしてきたので
病院へ行こうと決意。
その前にお腹が減ったので、近所の店でピザを食べてから病院へ向かった。

病院に到着、また帰されるのかな〜と思いながら診察を受けると、
なんと子宮口が8cmも開いてるとのこと。
即入院。
先生には「普通この状態で歩くことは難しいし、第一ニコニコしてられないよ!」
と言われた。
そんなにニコニコしてたのか?
しかもピザまで食べてきたし、この陣痛は一体なに?
原因は赤ちゃんの首にへその緒が巻き付いておこる微弱陣痛だった。
長時間狭い産道にいるため、早く出さなければならない。
よって陣痛促進剤を使うことに。
薬は使いたくなかったけど、赤ちゃんのためには仕方がない。
陣痛促進剤を打ってから30分後、やっと本来の陣痛がきた。
今までにない痛み!やはりこれまでの陣痛はおかしかったのだ。
看護士さんに「痛い〜!」と言うと、
「うん。でも普通の人はこの痛みを何時間も我慢するんだから楽な方だよ」
と言われた。
確かに、私がこの陣痛を味わったのはたった1時間半。
その後はすぐ分娩室に移動になり、結局病院に着いてから3時間半で
赤ちゃんが出てきたので本当に楽だったのだ。

分娩室では夫が立ち会ってくれたので安心だったが、なかなかコツがつかめず
思いのほか時間がかかってしまった。
体力が限界に近づいてきた時、ヌルッとした感覚が。
出た!
思わず「ああ、良かった〜!」と叫んだ。
しかし何かおかしい。
泣いてないのだ。
先生や看護士さんがバタバタしている。
やはり先生の言っていた通り、へその緒が1回半巻き付いてたのと同時に
羊水を飲み込んでいたらしく、鼻と口にチューブを入れられていた。
いわゆる仮死状態というやつ。
お産の疲れも忘れて分娩台の上から名前を呼び続け、
看護士さんたちも「がんばれ、がんばれ!」と叫ぶこと3分。
やっと泣いてくれた。
こんなに長い3分間を初めて経験した。

赤ちゃんの状態が心配だったが問題なく、ようやくホッとする。
本来私が受けるはずの痛みを赤ちゃんが代わりに背負ってきたみたいで
申し訳なくて、一人になった途端涙がボロボロ出た。
看護士さんが来て
「赤ちゃんに感謝しないとね」と言ってくれた。
その日の夜は興奮して眠れなかった。

退院の時、院長先生に
「あなたのお産は10点満点中3点!
ヒヤヒヤしたけど赤ちゃんが泣いてからは9点!笑」
と言われた。
小児科の先生にまで
「もし初産じゃなかったら家で産まれてたね」と。

お産とは本当に人それぞれで、私の場合はいろんなことが重なり
思い描いていた理想のお産とは正反対だったけど、
一生心に残る貴重な体験をしたと思う。
先生や看護士さんや家族、そして何より我が子に感謝です!!
CM:2TB:0
スポンサーサイト
CM:0TB:0
うわ〜!大変だったんだね!
でも映南ちゃんが無事でよかった!!!
実はうちの息子も息してなかったんだけど、小児科の先生が『ほれ、ほれ、泣け』と何回か突っついたら泣き出したの。
そのときは意識朦朧で、まさか死産になるなんて思わなかったけど、後で考えたら恐ろしかった。

陣痛が1時間半とは羨ましい〜!!!
私は娘の時3〜7分間隔の陣痛を陣痛室に入ってから49時間経験しました。
二日目の夜は死ぬかと思ったくらい。
これからまたあの痛みを経験するのかと思うと、ゾッとするけど、三度目の正直で、今度こそツルっと生まれてきてくれることを心底祈ってます。

お疲れ様でした〜!!!
| ごとる | 2009/01/26 12:45 AM |
>ごとる
産まれたら→泣くもんだと思ってるから
正直びっくりしたけど、無事で本当に良かったよー

49時間の陣痛とは・・・頭が下がります!
次こそはスピード安産で。
がんばって下さい!
| marilyyyn | 2009/01/29 6:17 PM |









http://blo9blo9.jugem.jp/trackback/63